9月上映会「コスタリカの奇跡」

【9月上映のお知らせ】
映画「コスタリカの奇跡」

9月1日㈮ 20:30
9月2日㈯ ①14:00 ②19:00
上映90分

場所:BlueMile(旧エクラン東宝・佐世保市栄町7-5エクランビル2F)
料金:前売1,500円 当日1,700円(1ドリンク付き)※中学生以下無料
チケット販売:つながる雑貨屋てとて舎(佐世保市下京町9-20)

************
「ここに国軍を解散する!」
1948年に軍隊を廃止したコスタリカ。
軍事予算を社会福祉に充て、国民の幸福度を最大化する道を選んだコスタリカの奇跡に迫ったドキュメンタリー。
************
2016年製作の新しい映画です。
ぜひご覧ください!

映画「スーパーローカルヒーロー」御礼感謝

映画「スーパーローカルヒーロー」にご来場いただいたみなさま、監督御一行様、ありがとうございました~!
2日間、佐世保、平戸、大村などから約50名のお客様にご来場いただけました。
コメントカードには、
「ノブエさんのような生き方がカッコいいと思った」「各地にローカルヒーローはいるんだと改めて気づかされた」「人と人のつながりの大切さを感じた」「尾道に遊びに行きたい!」などたくさんのコメントが寄せられていました。
*カードは田中監督に送りますね!*
熊本の義援金は2日間で15,827円集まりました!募金してくださった皆さまありがとうございました!お金は全額責任をもって、熊本の支援をされているチャオミンさんにお渡しし、必要な所へ届けていただきます。
田中監督の映画に対する想いや次回作について、竹本さんの製作秘話、村上さんの活動についてなど貴重なお話を聞けました。
長崎と似た風景のある尾道(平地が少なく坂の街として有名)が若者に愛される(移住者が増える)秘訣とは?・・・住む人の魅力、九州や関西や四国と近く便利、家賃が安い、などもあるそう。もう少し踏み込んで聞きたかったですね~。あっという間の時間でした。
個人的には『オカネイラズ』の取り組みが面白いなと思いました。紙媒体では昔から“ライフさせぼ”さんの売りますあげますコーナーがありますが、それのweb版という感じでしょうか?こっちでも始まるといいなぁと思いました(^^)b
ローカルヒーローはどこにでもいる!
身近な人の顔を思い浮かべた方も多かったのではないでしょうか?
尾道キャラバン、熊本まで良い旅を!
せいめいのといれの完成も楽しみです!
またぜひ佐世保へお越しください(^^)/

対話の旅が始まる。

映画「スーパーローカルヒーロー」とともに。対話の旅が始まる。
いよいよ今週末、7日(金)長崎、8日(土)佐賀、9日(日)熊本。
◇7月7日(金)長崎県佐世保市 
https://www.facebook.com/events/1198411810264547/
◇7月8日(土)佐賀県有田町
https://www.facebook.com/events/1215093095268772/
◇7月9日(日)熊本県甲佐町
https://www.facebook.com/events/441568046217020/
【メンバー紹介】
★田中トシノリ(トシ):尾道ローカルでの封切りから3年以上も国内外で絶賛・上映続けられる映画「スーパーローカルヒーロー」の監督。熱いメッセージを胸に秘めつつも、スタイリッシュで親しみやすい映像・デザイン・イベントをプロデュースしながら新しい循環型ライフを提案中。お金を使わず必要な人に必要なモノが行き来するシステム「オカネイラズ」の産みの親でもある。
映画スーパーローカルヒーロー http://superlocalhero.com/
★村上大樹(ダイキ):瀬戸内・因島出身、海賊のように人生を漂流しながら本能のままに生活の全てをライブペイントしているかのようなアーティスト。フェブマガジン「チイサイカイシャ」を立ち上げ、本の出版、アート・音楽・暮らしをコラボさせながら独自の作品を創り上げている。今年、用を足せるアートな体験型トイレ展を尾道と大阪で開催し、本能に訴えかける本「うんちからはじまるせいめいのはなし」「うれしいかんかくのけしん」をダブルリリースしたばかり。ミュージシャンでアートクリエイターのキスミワコ夫人と愛娘・ゆもかちゃんもキャラバンに相乗り中。
ウェブマガジン モンスター http://www.chiisaikaisha.com/monster.html
★竹本泰広(ヤス):枠にとらわれない発想と創意工夫で、目の前にあるものや使われなくなったものに新しい「せいめい」を吹き込むのが得意なよろずクリエイター。水・電気不使用の災害時にも役立つ循環型のトイレを自作して実生活で使用しながら「バイオトイレをつくるワークショップ」を各地で開催中。フィリピン環境NGOの日本事務局長として日比を繋ぎ、現地の山岳民族支援のフェアトレード珈琲「大家族珈琲」を自ら焙煎も行っている。ウェブマガジン モンスターにてエッセー連載中。妻(マミ)と二人の娘(ハレ・マル)もキャラバン相乗り中。
ウェブマガジン モンスター「やすくんの入口出口」 
http://www.chiisaikaisha.com/monster/yasu/archives.html
★幸山昌生(チャオミン)&幸山智子(しっぽ)&ムーン:秘境五家荘のふもと八代市泉町で「山暮らしカフェ」を営む夫婦。熊本地震後、カフェ営業を休止し、各地を駆け巡りながら小回りのきく動きで、県内だけでなく全国からの支援の輪を繋ぐ活動に奔走。その時、支援のあった尾道メンバーとのやりとりを通して、今回のキャラバンを思いつき、企画・プロデュースを行う。
自然の中で子どもの発育を養う「森のようちえん」(チャオミン)や、四季折々の自然の恵みを味わう「わが家の自給率アップ塾」(しっぽ)、2拠点暮らし、太陽光を熱源に調理できるソーラークッカーの実践など自然と繋がる暮らしを大切に、生活に実践できる術をゆるやかに提案中。
https://ecohouse-omoya.amebaownd.com/posts/2607345